人気ブログランキング |
ブログトップ

心と、身体と、この世界と…。

kokoroseka.exblog.jp

※当ブログは、個人の記事であり、エキサイトお悩み相談室とは、関係ありません。

思った時が、その時

神経質で慎重で、何をするにも色々考え過ぎるという、

かなり面倒な性格の私002.gif

それを自覚したのは、18歳頃。

それまでは、殆ど考えず、親の顔色ばかり見て生きていました。


18歳で結婚して、親から離れたのがきっかけで、

考え過ぎる性格に気付きました。(遅すぎますね・・・。)

それからというもの、自分には何も無い、

学歴が無い、知識も無い、お金も無い、資格も無い。

なぁ~んにも無いことへの不安が募りました。

もし、夫に何かあったら?

もし、一人になったら?


中卒で会社員になった私は、学歴社会の厳しい現実を知っている。

結婚して避難場所ができたけど、もし、1人になったら?

また、あの厳しい中に身を置くの?

そんなの嫌だ!!

何かしなくちゃ!!


そう思って、最初は、夜間の簿記学校に通い、資格を取りました。

でも、簿記資格があっても募集の殆どは高卒。

やっぱり、高校に行かなくちゃ。

だけど、私に出来るかな、卒業できるかな…。

不安が強くて、中々決断できずに数年経過。


何が一番不安だったかというと、

私は、親の顔色を窺う癖が付いていたので、

他人の顔色を窺う癖もあり、人間関係に左右されやすかったのです。

学校の人間関係で中途退学する事になったら…と、思うと踏み切れませんでした。


そこで考えたのが、これ↓

学校では、友達を作らない、人と関わらない、勉強だけに専念する。

そうすれば、人に左右されずに済むと思いました。

で、えい!!と、勇気を振り絞って、通信高校へ入学した私に、

周囲は、冷たい言葉を投げました。

「3日坊主で続かないに決まってる。」

「どうせ、途中でやめる。賭けても良い。」と言われ、凄く、凄く、悔しかった。132.png

でも、その言葉は、正しいかもしれない。と、思う自信の無い自分もいました。137.png


通信高校は、4年制で、隔週土日にスクーリングがありました。

私は、3年生になるまで、授業以外は、廊下に出て、

窓の外を見て、人と接することなく過ごしました。


そして、4年生になり、修学旅行へ。

20代後半で修学旅行経験なんて、滅多に出来ない。

こんなチャンスは、二度とないから、

友達が居なくても行く。と、入学時から決めていました。

それに、友人が居なくても一人で過ごせば良いしね。112.png


最初は、バスや電車で隣になった、女子クラスメートと、ちょびっと会話。

けれど、元々、気を遣う私は、ついつい相手を喜ばせたくなる。

3日間過ごしている内に、友達ができてしまいました。105.png


修学旅行で友達を作った所為で、

残り1年の高校生活では、男女の面倒な騒動もありました。

でも、一切、首を突っ込まず、俯瞰しておりました。

だって、面倒な人間関係で自分の目標を壊したくないもの。

全ては、未来の自分の為。

途中でやめるなんて絶対したくない。

だって、大学へ進学して心理の道に進みたいから。


そうやって、自分の欠点を補う対策を立て、

それらをシッカリ守って高校生活を過ごしたら、

良い成績で卒業でき、大学にも進学できました。


高校を卒業し、大学に進学した時、

私に「どうせ、途中でやめる。賭けても良い。」と言った知人に、

『途中でやめなかったよ。賭けが外れたね。』と、どや顔で言ってやりました。115.png


何歳になっても遅い事は、ありません。

思った時が、その時”と、言いますが、

それには、私も強く同感します。


けれど、人は、必ず歳を取ります。

出来る事なら、早ければ早い方が良い。

何かしたいことがあるなら、躊躇せず、挑戦した方が良いですね。



麻生 若那


by wakana-2015 | 2019-06-12 12:43 | 生活