ブログトップ

心と、身体と、この世界と…。

kokoroseka.exblog.jp

※当ブログは、個人の記事であり、エキサイトお悩み相談室とは、関係ありません。

疲れた時に、思い出す歌

若い頃、「生まれた」ことを受け入れられず、
でも、生きなきゃいけない現実に疲れると、
必ず、呟く歌がありました。
中村雅俊さんが歌っていた歌です。

何年前の歌だったか忘れましたが、
テレビドラマのエンディングで流れるのを聞いて、
自然に覚えました。

今は、自分が生まれた理由や
今、ここにいる現実を受け止められるまでになったので、
「生まれた」ことを「生まれちゃったから、仕方ない。」と、
受け止めていますけどね。105.png

家庭環境や現実に恵まれないと、
「こんな所に生まれたくなかった。」と、思ってしまうのは仕方ない。
だって、心の根底に「幸せになりたい。」欲求があるのだもの。

生まれ持った「運命」の流れに流されるだけじゃなく、
自分で自分の「運命」を切り開けば良い。
そう思って、コツコツ努力して生きた結果、
流れを変えることができた。
受け継いだDNAは、変えられないけれど、
使い方を変えれば、違った結果を生み出すことがある。
だから、「運命は変えられる。」
だから、諦めないって、凄く大事。


麻生 若那

[PR]
by wakana-2015 | 2018-04-23 15:53 | 心理