通じない


どんなに、言葉を尽くしても、相手に伝わらないことがある。
理解し合いたいのに、理解し合えないことがある。
2年の恋愛期間を経て、解り合えると思っていたのに、
いざ、結婚したら、食い違うことばかり。

年齢差のせい?
育った環境のせい?
宗教観の違いのせい?
共通概念が少ないせい?
・・・???

そして、相手に言われた言葉は、「お前が、おかしいからだ。」
人格を否定された感じ・・・。

二人の価値観が違い過ぎるんだ。
そう思えるようになったのは、その言葉を言われてから、
10年以上経過してからでした。
その間、自分がおかしいんだ。と、本気で思っていました。

人は、自分の基準で判断し、生きている。
基準が強すぎると、相互理解が困難になる。

でも、違いを認めて、建設的に話し合うことができれば、
関係性は、良くなる。

再婚した夫は、自分の考えを押しつけず、違いを認め、
建設的な会話ができる。
勿論、歩み寄れないケースもある。
それが、生活に大きな支障を来すものじゃなければ、
スルーしても問題ない。
人との関わり方が似ていると、
こんなに平和な関係が築けるんだなぁ。
1回目の結婚は、その正反対だったから、苦しかったけど、
人生の良い勉強になりました。

人は、理解し合えないことが多いもの。というスタンスで、
人と関わると、違って当たり前で、分からなくて当たり前だから、
「この人は、そう思うんだ。」という反応になることが多い。
これは、ストレスが軽減されて、非常に楽。
↓これは、そんなヒントが書かれた本です。



麻生 若那

[PR]
# by wakana-2015 | 2017-10-04 11:54 | 心理