<   2017年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

駄目で元々。

子供の頃から親に言われていた事がある。

それは、『お前は、3日坊主だから何やっても続かない。』


子供の頃から言われ続けたら、

洗脳されて、自分は三日坊主と思い込む。

その思い込みを変えるのは、一苦労。

だから、親は、子供に親の勝手な思い込みで子供を決めつけ、

それを子供に思い込ませては、ならない。


自分は、どうせ続かないから、やっても無駄。

そんな自分への先入観が、チャレンジを阻む。


それでも、中卒で働く中で、

学歴社会を思い知らされ、苦しんだ自分を変えたかった。

けれど、高校進学を実行するまで数年の時間がかかった。


やるからには、必ず、卒業したい。

不安だけど、やってみよう。

20代前半で高校進学。

周囲には、『どうせできない。賭けても良い。』と言われた。

その悔しさをバネに、高校~大学~専門学校へと進み、国家資格を取得した。


どうせできないと言っていた知人は、私が高校を卒業した時、

「まさか、卒業できると思わなかった。悪かった。」と、無礼な発言を謝った。

私を見下した両親や周囲を見返してやった!!

と、私は、凄く嬉しかった。

何より、勉強の楽しさを知ったのが、一番の収穫だった。


とは言え、ネガティブな想像で尻込みする私の性格は、今も変わらない。

でも、この成功体験のお陰で、

『ダメで元々、やってみなくちゃ分からない。』

という、挑戦しやすい態勢を持てるようになった。


誰にでも、自分が知り得ぬ可能性を自分の中に持っている。

だから、最初から諦めず、挑戦してみる価値は、ある。



麻生 若那

[PR]
by wakana-2015 | 2017-11-17 21:18 | 心理

探し求めて得た答え

『自分は、何故生まれ、何の為に生きているのか?』
と、追求し始めたのは、いつ頃だったろう。
気がついたら、その事を日々考えていた。

そう考える背景には、
『生まれてこなければ良かった。』
という思いがあったからだと分かったのが10代後半だったと思う。

自分が生まれた理由。
それは、人間の欲求によるものであり、
その欲求の営みのタイミング。
即ち、両親の性欲ということ。
それが、1日でも、1秒でもズレていれば、
私は、生まれていない。

両親が私を作った理由は、
父の兄に子供ができず、
その兄の養女にする為に作った。と父から聞いた。
でも、何故、養女に出さなかったのか?
それは、未熟児で生まれた私が、
「何度も死を宣告され、強い情が移ったからだ。」
と、父が言っていた。
私が生まれた理由は、そんな大人の思惑があったから。

人生は、苦しいことの連続。
生きること自体が辛い。
そんな苦しみの中に、生きる理由があるのか?
私は、何の為に生きているのか?
死んだ方が楽だ。
20歳の時に自殺を図ったが未遂に終わった。

目が覚めたとき、死ねなかった・・・。と落胆した。
でも、再度、自殺を図ろうとは、思わなかった。
死ねなかったのなら、生きる道を選ぼう。

そこで初めて、『自ら生きることを選択した。』
何のために生きるのか?
それは、自分が生きると決めたから。
苦しんだ結果、生きる理由ができました。

その時、初めて理解しました。
生命(自分)の誕生は、多くのタイミングが一致し、
細胞レベルの本能で生まれただけのこと。
そして、『生きる理由』は、生誕後に自ら見つけるのだと。


麻生 若那

[PR]
by wakana-2015 | 2017-11-12 12:54 | 心理

お金が貯まらないと思ったら。


「中々貯蓄ができないのよね~。」
と、思っていませんか?
そんな時は、家の中や自分の身の回りを
丁寧に観察して下さい。

冷蔵庫の中に、賞味期限切れの調味料や、
使い切っていない野菜や肉など、ありませんか?
クローゼットやタンスに、
入りきらない程の服がありませんか?
シューズBOXに、
全く履いていない靴がありませんか?
机の上や引き出しに、
細かい雑貨や文具等が乱雑に入っていませんか?
お財布がお金以外で膨らんでいませんか?

お金が貯まらない人は、無駄が多いのです。
そして、整理が苦手。。。

服や靴は、収納以上に買わず、
身の回りの物を本当に必要な物だけにする。
食べ物は、使い切るまで買わない。
欲しい物があっても、直ぐに買わず、
利用シーンを思い浮かべ、
持っている物で用が足せないか?・・・と、2~3日ほど考える。
等々。。。

これらを実践すると、無駄なお金を使わないようになり、
自然とお金が残ります。

お金を使うことが癖になっている人は、
脳が「買う事、手に入れる事に快感を覚えている」ので、
最初は、強いストレスが生じます。

でも、脳というのは、環境に慣れるようになっているので、
継続により、変化していきます。
無駄を省くことへの達成感が、快感に変わるまで、
継続するのが成功のコツです。


麻生 若那

[PR]
by wakana-2015 | 2017-11-05 10:47 | 生活