<   2017年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

固執を一旦手放す

人間関係において、殆どの人は、物事を見るとき、自分側目線で見る。
誰かの意見を聞いたとき、共感できる側目線で判断する。
それは、当たり前なんだけどね。
私だって、そうだもの。
だって、価値観や意見の共有で安心できるから。

でも、自分の考えに固執すると、
争いを引き起こしたり、
相手と自分の共有を阻む。

聞き入れられない!
納得できない!
そんなの有り得ない!
・・・と、拒絶するのは、簡単。
でも、「相手側に立って考えてみる。」ことも簡単。

それは、自分を曲げることでもなければ、
自分が無くなる訳でもなく、
自分が負けた訳でも無い。
一旦、『自分』を脇に置いて、
相手の性格を一旦取り入れて、
相手の性格だったら、これをどう思うか?
これをどう見るか?と、考えてみるだけ。
すると、「ふむふむ、この人なら、こう考えて当然かも。」となる。
で、「貴方が、そう思うのは、無理ないね。」と思える。

だからと言って、自分を相手に合わせる必要はない。
単に、自分と相手の性格が違うだけなんだから。
ただ、『自分の考えに固執』すると、
相手を嫌いになったり、
争いになったりという自体が生じる。
好き嫌いは、人間の本能だもの、嫌いなら嫌いで良い。

でも、固執し過ぎると、自分が苦しくなり、
そこに居ることさえ、苦痛になる。
相手を見る度にイライラしたり、一挙手一投足が気になったり・・・。
精神衛生上、良くないよね。

これは、『固執する』という症状に問題があるだけ。
この『固執』を手放せば、相手に対してイライラすることは、
殆ど無くなり、自分が楽になる。

若い頃の私は、『固執人間』と言えるほどだったので、凄く苦しかった。
だから、この苦しみから自分を解放する方法を考えました。
そしたら、「相手が悪い。と思い込んでいる。」こと、
「相手の気に入らない所に固執している。」こと、
「相手を変えようと固執している。」こと等々、
自分の中に原因となる『固執』がある。と、わかり、
それを手放すため、相手目線を一旦取り入れ、
自分目線との違いを明確にし、違いを受け止め、
相手との境界を明確にして、相手を侵略せず、自分を守る。
という術を身に付けました。

とはいえ、固執するのには、私なりの理由があるわけで、
それは、幼少の頃からの習慣というか、
文化的習性みたいなものもあったり、
それ以外にも色々な要因があって、それらが複合的に絡まって。。。

結局、自分を構成している「何か」に執着していたんだなぁ120.png
それが分かって、自分への対応法を作っちゃえば、非常に楽ちん101.png


麻生 若那

[PR]
by wakana-2015 | 2017-10-29 08:59 | 心理

思い詰める家族

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by wakana-2015 | 2017-10-19 10:40 | 心理

相手目線を手に入れる。


先日もアップしたブログと関連するものですが・・・。

生活の中には、想像力が必要だと実感する。
行間を読む。。。というようなものでしょうか。

社会の出来事や他人の行動や言動には、背景がある。
自分に見えたり、聞こえたりする事は、ホンの一部。

その一部を「なぜ、そうなったか?」と想像するけれど、
その『想像』は、私の経験値からしかできず、
それを超えることもできない。
それを踏まえて、想像するしかない。

だから、何事も、
『~かもしれない。』というスタンスで、
決めつけないようにしている。
何故なら、決めつけは、思い込みとなり、
間違った結論や行動へとつながるから。

『~かもしれない。』というのは、
中途半端でスッキリしない。
若いときは、それが苦手でした。
答えが無いと不安でね・・・。
けれど、決めつけたことで大失敗した経験が、
中途半端の必要性を教えてくれました。

人には、誰にでも『思考の癖』がある。
だから、決めつけると、癖のドツボにハマってしまう。
『~かもしれない。』と思えば、確認作業へとつながる。
確認すれば、自分の癖で思い込まず、
相手目線を手に入れたり、事実にそった思考ができる。


麻生 若那

[PR]
by wakana-2015 | 2017-10-16 10:57 | 心理

年末へ向けて

年末に向けて、少しずつ、掃除を始めました。
一番大変なのが、キッチンの換気扇。

脚立に上って、換気扇フードの中に頭を突っ込み、ゴシゴシ。
今まで、オレンジ成分で油が落ちるというのを使っていたけど、
それほど。。。。って感じ。

ネットの口コミを見ながら半年以上も洗剤探し。
気になる物は、お気に入りへ入れて、後から検討。

そして、最終的に決めたのが、
シーバイエス スーパーブレークアップ TG 。

これ、口コミが良かったので、買ってみました。
そしたら、汚れ落ち、抜群でした。
こびり付いた頑固な汚れが気持ち良いくらいに落ちました。

年齢と共に、体力が落ちて、掃除が大儀になりますからね。
簡単に落ちてくれると、助かります。

次は、冷蔵庫の中を除菌しながらお掃除です。
年末までの3か月で、少しずつ、少しずつ、お掃除しなくちゃ。


麻生 若那

[PR]
by wakana-2015 | 2017-10-10 09:18 | 生活

幸せになる為に必要なこと


人間関係で悩んだり、辛い経験をする度に、
「どうして、こんな思いをしなくちゃいけないの?!」
と、相手を恨みたくなったし、恨んだこともある。

すると、ある女性が言った。
「その人は、貴方が成長する為にいるのよ。
貴方が精神的に成長すれば、貴方が幸せになる。
グチグチ言い続けたら、幸せは、遠のくだけよ。
貴方が成長すれば、次の段階に進む。
そうなれば、その人は不要になるから、居なくなる。
もしくは、貴方が相手を気にしなくなる。
私達は、そうやって、偶然の出来事や出会いの中で、
必然(理由)を見つけ、問題に取り組んで成長し、
幸せになっていくのよ。
信じられないと思うでしょうけど、信じた人だけが得をする。
騙されたと思って、成長を目指して、取り組んでみなさい。
嘘じゃないと分かるから。」

ま、ダメもとでやってみるのも良いかな。
得をするなら、その方が良いしね。
やらないより、やってみたほうが面白そうだ。

そうやって、取り組み続けて33年。
その女性が言ったことは、
本当だったと感じる経験を何度もした。
その経験が挫けない自分を作ってくれた。

今では、嫌な人が現れたり、辛い経験をしたりする度に、
『新たな成長のチャンス』と、楽しみながら取り組める。
たったひとつのアドバイスが、人生を変えることがある。


麻生 若那

[PR]
by wakana-2015 | 2017-10-09 10:10 | 心理

通じない


どんなに、言葉を尽くしても、相手に伝わらないことがある。
理解し合いたいのに、理解し合えないことがある。
2年の恋愛期間を経て、解り合えると思っていたのに、
いざ、結婚したら、食い違うことばかり。

年齢差のせい?
育った環境のせい?
宗教観の違いのせい?
共通概念が少ないせい?
・・・???

そして、相手に言われた言葉は、「お前が、おかしいからだ。」
人格を否定された感じ・・・。

二人の価値観が違い過ぎるんだ。
そう思えるようになったのは、その言葉を言われてから、
10年以上経過してからでした。
その間、自分がおかしいんだ。と、本気で思っていました。

人は、自分の基準で判断し、生きている。
基準が強すぎると、相互理解が困難になる。

でも、違いを認めて、建設的に話し合うことができれば、
関係性は、良くなる。

再婚した夫は、自分の考えを押しつけず、違いを認め、
建設的な会話ができる。
勿論、歩み寄れないケースもある。
それが、生活に大きな支障を来すものじゃなければ、
スルーしても問題ない。
人との関わり方が似ていると、
こんなに平和な関係が築けるんだなぁ。
1回目の結婚は、その正反対だったから、苦しかったけど、
人生の良い勉強になりました。

人は、理解し合えないことが多いもの。というスタンスで、
人と関わると、違って当たり前で、分からなくて当たり前だから、
「この人は、そう思うんだ。」という反応になることが多い。
これは、ストレスが軽減されて、非常に楽。
↓これは、そんなヒントが書かれた本です。



麻生 若那

[PR]
by wakana-2015 | 2017-10-04 11:54 | 心理

自分の中の『自分』

人は、口には、しないが、頭の中で多くの言葉が自然に湧く。
それは、何かに触れ、何かを感じて、言葉になっている。

感覚は、言葉になる。
けれど、意識できるのは、ホンの少し。
人は、言葉にならない多くのことを感じている。

言葉にならない感覚は、消えるものもあれば、蓄積されるものもある。
そんなことが、毎日欠かさず、私の中で続いている。

蓄積されるものって、何だろう?
自分の中に、言葉にならない感覚があるなら、
その声を聞いてみよう。
25歳の時、そう思って、湯船に入る度に実践していた。
私にとって、お風呂は、リラックスできる最良の場所。

目を閉じて、身体の力を抜き、
ゆっくり、呼吸をしながら、身体の感覚に焦点を合わせる。
それを毎日続けていたら、自分の中に蓄積された「何か」が言葉になった。
「あぁ、そうだったのか。」と、本音に気づく。
そして、自分を無視し続けたことを謝った。

自分の中の『自分』は、常時存在していて、常に何かを訴え続けている。
それに気づいて、表現することは、とても大切。


麻生 若那

[PR]
by wakana-2015 | 2017-10-01 12:21 | 心理