<   2017年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

心の一方通行

好きな人とは、分かり合いたいですよね。
というより、私は、自分の事を分かって欲しい。と、強く思います。
勿論、相手を理解したいとも思いますが…。

離婚した夫とは、お互いが主張し合う性格で、
最終的には、『理解してもらおうなんて思うな。俺は、変わらない。嫌なら別れれば?』と言われる始末。
その言葉に、いつも傷つけられ、ビクビクしていました。
理解してもらえず、受け入れるばかりの生活が耐えられませんでした。

そして、現在の再婚した夫は、全然違います。
現在の夫の反応はというと…。
『僕は、君と同じ経験をしていないから、君の気持ちを理解できない。
でも、君が辛い経験をした。というのを理解しようと思うよ。』

同じ「理解できない。」という言葉を言われているにも関わらず、
私の経験を尊重している。と感じる言葉が続くだけで、
嬉しかったし、落ち着きました。

経験無い事を理解するのが難しいのは、百も承知。
それが、真実ですから。
でも、互いが、其々の経験に思いを馳せ、その経験を尊重することは出来る。
私が求めていたものは、それだったのです。

大切な人との心の一方通行ほど、辛いものは、ありません。
どんなに言葉を尽くしても理解し合えない相手もいる。
最初の夫と理解し合えなくて苦しい時、色々考えました。
私が変なのかな?
私が未熟なのかな?
私が間違っているのかな?
と、自分をどんどん追い詰めていきました。
でも、それは、間違った追究であって、
思考の元が違うだけだったんです。
お互いの基本的な考え方が違う。
ただ、それだけだったんです。

価値観の近い人を私が選択できなかっただけのこと。
それが分かったら、スッキリ!
そっか、相手の選択をし直せば良いんだ!!って。109.png


麻生 若那

[PR]
by wakana-2015 | 2017-05-28 11:41 | 心理

人は、誰でも嘘をつく。

この世界に、嘘をつかない人なんて、いるんだろうか?

そんな疑問を持つのは、自分が嘘をついたことがあるからだけど…105.png

若い頃、自分の気持ちに嘘をついて、やりたくない事をしていた。

頼まれると、断れずに引き受けて、大変な思いをする。

そんな繰り返しをしている内に、自分に嘘をついて生きる事が嫌になった。

自分に正直に生きたい。
嫌なことは、断りたい。
やりたくない事を無理してやりたくない。

悩んだ末に思ったのが「人間には、選択の自由がある。」ということ。

私は、選択の自由を放棄していたんだ。と思った。

勿論、責任をもってやらなければならないこともあるけれど、全てではない。

私達は、公序良俗に違反しない範囲で取捨選択の自由の権利がある。

自分に嘘をつかない生き方がしたい。

その為には、他人に頼まれた事を断ったり、関係を切ったりすることも生じる。

以前は、そんなことをする自分に罪悪感があった。

でも、相手に悪いからと、自分を偽り続けるのは、自分にも相手にも誠実じゃない。と思うようになった。

これからは、自分を偽らないで生きたい。

「自分を偽らない。」という基準ができたら、取捨選択が楽にできるようになり、罪悪感も持たなくなった。

嘘にも色々あるけれど、自分に嘘をつくことが、若い頃は、一番多かった。

今は、自分に正直すぎるかも。111.png


麻生 若那

[PR]
by wakana-2015 | 2017-05-23 10:18 | 心理

上手くいかない時もある

自分の思う通りにならないとイライラする私。
それは、他人に向けてでなく、自分に対して。

料理が思った通りの味にならないとか、見た目が想像と違う出来になったとか、
ダイエットしているのに想定通りに減らないとか…。

料理の出来が悪い時、イライラしたり、落ち込んだりしていると、夫が「完璧主義なんだね。」と言いますが、それは、違います。

私は、完璧主義ではなく、想定外の事が起きて、がっかりしているだけのことなんです。
そして、苛々したり、落ち込んだ後は、次は、成功させるぞ!と負けじ魂がメラメラと湧いてくる。

そんな私を周囲は『完璧主義』と言いますが、違うんだな~。
努力家と言ってくれ。125.png

今でも、自分のしていることが思った通りにならないとイラっとします。
若い頃は、その度に自分を責め、劣等感を増幅させていましたが、今は、それをやめました。

イラッとした時は、「人生、そんなこともあるさ。小さな事に目くじら立てるな。」と、自分で自分をなだめて収束させます。
でも、負けじ魂で努力する自分が好きなので、なだめた後は、次は、どうすれば良いか?を考えます。

日々の生活で上手くいかないことがあるのは、当然のこと。
一々立ち止まって、自分を責めるより、次の手を考えた方が得ですものね。


麻生 若那

[PR]
by wakana-2015 | 2017-05-14 10:42 | 心理

幸せを引き寄せる

子供の頃から考えるのが好きだった私は、哲学の本を読むのが好きでした。

中でも、ソクラテスとアリストテレスが好きで、何冊も読んだほど。

哲学は、心について深い洞察を与えてくれる。

読んでは、考え。読んでは、考える。

アリストテレスの思想がヒントになり、心と外の世界は、表裏一体で、自分が色々な事を引き寄せていることを理解した。

そして、自分の中から「不幸を引き寄せるポイント」を探り出した。

私のブログの表題にもなっている「心と、身体と、この世界と…」というのも、そこからきている。

幸せを引き寄せるには、先ず、不幸を引き寄せる癖を知り、改善すること。

それが改善されるだけで、人生が大きく変わる。

更に、幸せを引き寄せるポイントを知り、それを実行すると、もっと変わる。

不幸を引き寄せる癖の改善と幸せを引き寄せる思考と行動を実行するには、最初は、意識して、努力しなければならないけれど、慣れてくると、自然にできるようになる。

自然にできるようになったら、過去の自分からは、想像できない幸運な現実が手に入る。

    



麻生 若那

[PR]
by wakana-2015 | 2017-05-10 18:27 | 心理分析

恋愛上手は…、

表題の続きは・・・。
『恋愛上手は、聞き上手』です。

これは、恋愛に限らず、人間関係、子育て等、殆どに言えること。
人は、人によって満たされ、幸せを感じたり、不幸を感じたりします。
人間関係で傷ついて、人を避けるようになっても、本能は、人を求めます。

感情(恋愛や夫婦、親子等)を伴う人間関係には、その本能が強く現れます。
何故なら、幸せを満たそうと強い欲求が出るから。

若い頃、私は、自分の幸せを満たそうと必死でした。
当時、私にとっての幸せは、『好きな人と一緒に居ること』。
それが優先順位のトップだったから、辛い事にも耐えられた。
けど、男尊女卑的な扱いに気付いてしまって、
耐えることに限界が生じてしまいました。

おっと、話を本題の「恋愛上手は聞き上手」に戻して。
恋愛上手になるには、相手の話を徹底的に聞くこと。
特に大切なのは、否定しないこと。
共感、同感する部分には、肯定的な反応をし、
共感できない部分には、「そうなんだ。」と、
肯定、否定のどちらとも取れない反応をする。

すると、不思議なもので、人は、どんどん話したくなります。
話を聞けば聞くほど、相手が見えてくる。
相手が見えてくれば、自分の性格とすり合せ、
自分と合うか否かが分かってきます。

実は、聞き上手というのは、
相手にとって理解を示す良い人になることじゃないんです。
相手から多くの情報を引き出して、
良い関係を維持できる人か否かを見極めるスキルなんです。
なので、恋愛上手は、自分と合う人を探す能力を持つことでもある訳です。

ただ、先ほど私の経験を書いたように、
人には、優先順位があります。
その優先順位は、経験で変化するので、
後になって、選択を間違えた。ともなりかねない。
だから、感情優先にならず、客観的視点で自分を観察し、
自分を知ることが大切なんですね。

これをもっと早く理解していれば、
あんな苦労はしなかったのになぁ141.png。。。と思うのですが、
それがあったから、今があるとも言えるのよね。105.png


麻生 若那

[PR]
by wakana-2015 | 2017-05-07 10:26 | 心理