<   2016年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

期待しない期待

変な表現のタイトルだけど、
人間関係を円滑にするには『期待しない。』こと。
でも、人間ですもの、期待するな。と言っても期待しちゃう。

だから、私は、押付けの期待は、しないけれど、
「こうなったら良いな。」という緩~い期待をする。
故に「期待しない期待」という変な表現なのです。

期待に依存し過ぎると苦しいし、
期待している相手にも多大な圧力がかかります。
結果、お互いが不幸になってしまう。

だから、期待し過ぎない緩~い期待する自分を許し、
期待通りにならないことに、一々落ち込まない。

だって、自分の感情でさえ、自分でコントロールできないことがあるのに、
他人をどうにかしようなんて、できる訳が無い。

人間関係にも未来にも、緩~い期待をしながら、
自分のできることをする。
自分には、それしかできないもの。


[PR]
by wakana-2015 | 2016-10-31 10:10 | 心理

自分が変わると・・・

若い頃、年配者から何度も聞かされた。
『自分が変われば、環境が変わる。人間関係も変わる。』と。

ほんとぉ~かぁ~?!039.gif
そんな、うまい話があるわけないじゃん。

と、疑いつつも挑戦したい自分がいた。
だって、挑戦しなくちゃ、本当か嘘か、わからないもんね。

それで、哲学、歴史、人物史、物理など、理解できる範囲の本を毎日読んだ。
それまで、殆ど本など読まかった私だったけど、その時の勢いは、凄かった。

本を読むと、自分に対して疑問が湧いたり、社会に対して疑問が湧いたり、
それまでの考えが改まったり・・・。
頭の中の不要な物が削られていくのを感じた。

そして、他人への考え方、社会に対する姿勢が変化。
それまで拘っていたことを手放し、頭の中が解放され、
とっても楽ぅ~になっていくのを感じた。

すると、年配者が言った通りになっていた。
あの言葉は、本当だったんだ!!005.gif

8年ほどの時間がかかったけれど、人間関係、環境がガラリと変化。
まさに、物理の法則そのものです。


[PR]
by wakana-2015 | 2016-10-30 09:00 | 心理

責めない

生きていると、他人の評価に翻弄される。

日々、私達は、他人の目に晒されて生きていて、

息苦しさを感じる事もある。

だから、自分が自分を責めて、追い込んだり、

苦しめたりするのは、やめておこう。

ただでさえ、周囲から色々言われるのだから。


[PR]
by wakana-2015 | 2016-10-29 11:58 | 心理

もっと、わがままに。

「自分は、わがままじゃないか・・・。」と心配している人ほど、
わがままではない。というケースが多い。
それは、自分の一挙手一投足を一々気にしているから。

そんな人が我がままになれるはずがない。
それよりも他人の目を気にしていることの方が多い。

だから、「自分は、わがままじゃないか・・・。」と心配せず、
素直になったほうが良い。045.gif


[PR]
by wakana-2015 | 2016-10-28 08:00 | 心理

心の声、聴いていますか?

人は、常に心で呟いているもの。
それは、日常の自然なこと。

自然なことだから、ついつい通り過ぎてしまう。
でも、その呟きが幸せの元になる。

その呟きに耳を傾け、じっくり聴き、「なぜ?」と、問いかける。
出てくる答えに、「どうして?」と、更に問いかける。
そうやって、どんどん問いかけていくと、
私、本当は、こうしたかったんだ!
私、本当は、こうして欲しかったんだ!
私、本当は、これが好きで、あれが嫌いだったんだ!
…と、色々明らかになる。

明らかになった自分を否定せず、
素直に生きると、満ち足りた人生になる。


[PR]
by wakana-2015 | 2016-10-26 09:00 | 心理

不満や愚痴は、意外と大事。

不満や愚痴は、嫌がられることが多い。
若い頃の私は、愚痴や不満で身体が出来ていると言っても過言じゃないほど、溜まっていた。

でも、愚痴や不満を言っていたら「そういう事を言う下らない女になるな!」と一喝された。
それからというもの、一切言えなくなって…。

ある日、女性同士のお茶会でポツリと夫への不満をこぼしたら、1人の中年の女性が『じゃ、別れれば?』と、ストレートな一言。
・・・いや、別れたいとか、そんなんじゃなくて。と、戸惑っていたら、その女性が続けて『そんな事も言えない人と、一緒に居る価値あるの?』と、続けて言った。

あー、そう言えば、そうだ。
あの一喝以来、何にも言えなくなって、私、我慢ばかりしている。

何気なく、ふとこぼれた不満。
そこに反応してくれた女性のお陰で、自分を見つめ直すことができた。
それからというもの、その女性に愚痴や不満を聴いてもらった。
その女性は、嫌がることなく、また、感情移入することもなく、理論的に対応してくれた。
その中で『自分』というものが明確になっていった。

その女性との会話で今も忘れられない言葉がある。
『どんな些細な事でも、大した事ないと思うことでも、話をする事は大事なのよ。人生を変えるヒントは、些細な中にあるのだから。』

それを聞いた時、自分の中に湧いてくるどんな事でも大切にしようと思った。
そして、その女性のように、些細な事でも聴ける人になろう。と、決めた。

愚痴や不満は、マイナスと捉えがちだけど、本当は、宝箱を開ける鍵。


[PR]
by wakana-2015 | 2016-10-25 09:00 | 心理分析

若いから、何だ!年だから、何だ!

10代、20代の頃、周囲の大人に言われた。
「若いと経験浅いから、ダメダメ。経験ないのに口先だけなんだ、若い奴は。」

50代になると、
「年を取ると、頭が固くなって、柔軟性なくなるからね。時代は、若い人を求めている。」

おいおい、何歳だったら良いんだよ021.gif

若いから経験ないのは、当たり前。
経験させてくれなくちゃ、成長できんでしょ~。

50代になったら、脳が衰えて当たり前。
でも、積み重ねた知識や経験が活かせるでしょ~。

この世界は、偏見だらけ。
若いから、年だからって、決めつけて、変化の芽を摘む。

だから、そんな言葉にへこたれず、自分は、自分の道を行く。


[PR]
by wakana-2015 | 2016-10-24 09:00 | 心理

嫌いな人は、やっぱり、嫌い。

社会生活をしていれば、会わない訳には、いかない人。
それは、自分と合わない人、嫌いな人。

私、日によって機嫌が良かったり、悪かったりする人が苦手。
それと、ネチネチしつこい人、怒鳴る人、直ぐ怒る人が嫌い。

他人に対して、どうして機嫌悪い顔や態度ができるのか。
他人に対して、どうして怒鳴って怒れるのか。
一度言えば分かるのに、どうしてネチネチとしつこいのか。

他人なんだから気を遣えよ。
ったく、そういう奴、嫌い。常識ってのがあるだろ!・・・と思っていた。
けど、それは、私の常識の押付け。

人間だもの、気分の悪い日もあるわな。
人の性格は、様々で、怒鳴らないと怒れない人もいるわな。
ただ、私がそういう性格じゃないだけ。

以前は、そんな人達を受け入れられず、嫌い!と、切り捨て、
心の中で不満ばかり言っていた私。
けど、行動を司る『脳』が、そういう反応する人なのだ。
と、受取るようになったら、案外、気にならなくなった。
だって、しょうがないじゃん。
脳が反応しちゃうんだから。

けど、嫌いなのは、変わらない。
人は、生まれつき『快・不快』を感じる機能を持っているからね。
本能まで抑圧する必要ないもの。
そこは、自由に感じたままで良い。

ただし、人は、自身の『脳の反応』を自分が受け止めて、
怒りを鎮めたり、行動や表現方法を変えたりすることで、
人間関係や運・不運までも変えることができる。
心と、身体と、この世界は、リンクしているからね。


[PR]
by wakana-2015 | 2016-10-23 09:00 | 心理

全てを疑ってみる

信じていたものを『疑う』。

そして、何故、それを「そうだ。」と信じたのか?を自分に問う。

すると、誰かの言葉を鵜呑みにしていたり、

多数派の言葉をそのまんま受け取っていたり。

意外と自分が精査して信じていなかったことを知る。

だから、何事も先ずは「本当に、そうなのか?」と、

疑ってみるのは、大事なことだ。


[PR]
by wakana-2015 | 2016-10-22 16:09 | 心理

偶然か、必然か。

何か問題が起きたり、人との出会いに対し、
「意味がある」と必然性を考えたり、
悪い事をした罰と捉えたり・・・。

そんな考察をする自分を分析して思った事。
それは、人間には、宗教的(又は哲学的)思考が備わっているのではないか…。ということ。

必然か、偶然か。意味が有るか、無いか。
その答えをどんなに追究しても得られない。
だって、真実なんて誰にも分からないんだもん。
それなら、自分で作っちゃえ!と、考えた。

辛い経験 → 自分の成長の為 → 真剣に取り組む → 成長と未来改革

…てな具合に、苦しみも辛さも嫌な事と捉えず、
自分が成長する為に与えられた試練という意味を持たせる。
そして、成長の先に、過去の自分から脱皮して新たな自分(世界)を得る。
それは、変化を楽しむことでもある。

偶然か必然か、意味が有るか否かも分からない。
けれど、やはり、必然と思いたい、意味を見つけたい。
意味が分かれば、地に足を着けて踏ん張れる。

30年以上前、どん底の状態の時、
私が今も人生の師と仰ぐ女性から言われた。
『今の貴女の苦しみは、未来に同様の苦しみを抱える人を救う為の経験よ。
今、貴女が負けたら、未来の誰かを救う役目を果たせない。
だから、真正面から取り組み、思い切り苦しんで、泣きなさい。
そして、乗り越えなさい。
問題が解決しなくても良いのよ。
貴女が納得できる答えを掴むだけで良いの。』
未来に人を救う?!
それが、真実の答えかどうかは、わからない。
けれど、そう捉えて取り組むと生きるエネルギーが湧くのを感じた。


[PR]
by wakana-2015 | 2016-10-20 09:00 | 心理