カテゴリ:心理( 67 )

最近、絆という言葉を耳にすることが多い。

絆には、親子、家族、夫婦、友情等々、色々ある。

20年以上前、母の公的書類審査がどうのとかで、役所から連絡があった。

私は、即座に、「関係ない。知らない。」と答えた。

何故なら、母は、とっくの昔に夫と子供を捨て、男と蒸発していたから。

今更、何?!

親子の縁を切ったのは、母親の方。

既に、私の中に母の存在は、無い。

だから、どこで、何をしているかなど、知りたくもない。

詳細を知らない他人は、「それでも親なんだから。」と言う。

親なら、好き勝手して、子供を苦しめても、尊敬すべきなのか?

親なら、子供をまともに育てず、産むだけで良いの?

夫婦の色んな事情があったのは、子供ながらに分かっていた。

同じ女として母の苦労を理解できるが、子供の私は、拒否反応を示す。

父がDVで晩酌しては、大暴れ。

母も酒癖が悪く、一度、飲酒に出かけると朝まで帰ってこない。

そんな日々が続いても、子供は、親が大好きなのだ。

「良い子を産んで幸せだ。」と思って欲しかったから、出来る限り良い娘であろうとした。

それが、生きる全てのようになっていたから、母の突然の蒸発に人生の土台が総崩れするほど動揺した。

でも、悩み、苦しみながらも、数十年かけて心を立て直し、一人立って生きる自分を創り出した。

彼らは、生物学的には、私の親かもしれないが、心の絆を持てるほどの関係ではない。

そう、キッパリと言い切れるまで、長い長い時間がかかった。


[PR]
by wakana-2015 | 2016-10-03 10:41 | 心理

毎日が錯覚と思い込み

ビデオカメラがテレビ画面を撮影すると縞模様が映る。

そこに疑問を持って調べてみると、「ビデオカメラの撮影スピードとテレビ画面のフレーム数がズレた時に生じる。」とあった。

裸眼で見ている人間には、綺麗な画像として見えるのに、不思議。

もしかしたら、この世界には、脳が感知できない物事が生じていて、省略したり、見えなかったり、分からないまま過ごしている事が多いんじゃないの?と思った。

時には、自分の経験から結論を導き出し「OOだ。」と認識して、実は、間違っていることがあるのかもしれない。

自分は、錯覚と思い込みで生き続けてきたのかも。

そして、今後もそうやって生きていくのかも。

錯覚や思い込みは、時には、生きる為の『術』となっているのかもしれないなぁ。


[PR]
by wakana-2015 | 2016-10-02 08:38 | 心理

一番大切なことは・・・?

この世界で、一番大切なことって、何だろう?

友情? 家族? 健康? 自分?…

自分が一番大切と感じる時もあれば、

友人が大切と感じたり、

家族と思ったり。。。

人によっては、宗教とか、親とか、兄弟姉妹とか…。

一番は、常に変わるのかもしれないな。

その時々の状況や事態によって変化する。

これだ!と、決めると窮屈になる。

だから、常に同じじゃなくていいのかも。


[PR]
by wakana-2015 | 2016-09-30 20:50 | 心理

どうせ、私なんて・・・。

どうせ、私なんて・・・と思っている間は、

私は、私の人生を諦めていない。ということに気付いた。

「どうせ、私なんて・・・。」

これは、思い通りにならないことへの捻くれ。

どうせ、私なんて・・・と思っている間は、停滞し続ける。

ならば、『どうせ私なんて』と思うなら、いっそ、本当に諦めるか…。

諦められないなら、捻くれるのをやめて、人生に挑むか…。

二つに、一つ。

捻くれても、挑んでも、疲れるのは、同じ。

どうせ疲れるなら、挑んでみるか。。。

そして、挑んでみたら、人生が10年毎に変化した。

人生は、水のようなもの。

停滞すると、澱んで臭くなる。

常に流れていると酸素を含んで多くの物を育む。

攪拌は、人生に必要だ。


[PR]
by wakana-2015 | 2016-09-29 09:04 | 心理

二面性

顔で笑って、心で怒る。

こんな二面性、誰もが持っている。

なのに、若い頃は、それを「正直じゃない。」と自分を責めた。

『裏表がない人間性が、人として正しい。』という勝手な思い込み。

いつの間にか、道徳、常識、価値基準等、自分の中に根付いていた。

それが正しいか否かを検討する前に、正しいと思い込む。

自分を苦しめるものを再度見直してみた。

そしたら、二面性があるのは当たり前。

社会で生き抜くためには、二面性が必要なのだもの。

それに、心は、正直に反応するもの。

それは、仕方ない。

自分の心の自由は、自分にしか守れない。

守ってあげなくちゃ。


[PR]
by wakana-2015 | 2016-09-28 10:38 | 心理

あるような、ないような。

生まれたことに、意味があるのか?

意味…、あるような、ないような。

有ると思えば、有るし。

無いと思えば、無い。

それが、考えて、考えて、行き着いた私の答え。


[PR]
by wakana-2015 | 2016-09-27 15:38 | 心理

心の力

エキサイトのお悩み相談室、心理カウンセラーの麻生若那です。
初めて、ブログを投稿します。(ドキドキ012.gif

心について考え始めたのは、いつ頃だったかな。
自分に客観性を持つようなった頃かもしれない。
当時は、『心』として捉えたのではなく、
「感情」として捉えていたように思う。

ある時、『何故、幸せと不幸があるの?』
『どうして、私は、幸せじゃないの?』
と、考えるようになり、追及していく内に、
心の力が大きく影響していると考え始めたのです。

自分の心を深く深く掘り下げて、
自分の心がどんな力を持ち、
自分の人生に、どんな影響を及ぼすのか。
そんなことばかりを考えるようになりました。

心は、行動の原動力で、行動が世界を創る。
心って、侮れない存在です。


[PR]
by wakana-2015 | 2016-09-26 22:16 | 心理