カテゴリ:心理( 67 )

正しいか否か。

宗教に傾倒していた若い頃、『教えは、正しい。』と固く信じていた。

けれど、自分が変わると環境が変わる。という言葉を聞いて、
色んなことを貪るように学んでいく内、
この世に絶対があるとしたら、それは『死』だけだ。と、考えるようになった。
そして、今まで自分が正しいと信じていたことは、絶対ではなく、
自分が「正しい」と判断していただけだと思った。

何かを信じるということが、個々の『心』によるものだとしたら、
それは、流動的で不確かなもの。

私は、親の宗教をそのまま受け継ぎ、それを固く信じていた。
でも、その宗教から離れて、人生や世界を違う視点で見る必要がある。と、思った。

離れて分かったこと。
それは、何かに傾倒するのではなく、
物事を中立な位置で見て、決めつけないことが大切だということ。


[PR]
by wakana-2015 | 2016-11-04 09:00 | 心理

人生、どこで転ぶか分からない。

10代の頃の私は、不道徳な事をする人が大嫌いでした。
そういう人を見ると、当然のように批判していました。
例えば、同棲するなんて、とんでもない!ってな具合に。

私は、不道徳なことをしない。と、自分を固く信じていましたのでね…。026.gif
でも、今の私は、人の批判ができるほど、立派ではありません。
自分への信頼も崩れ去るような、不道徳をしましたから。。。008.gif

いや…、まさか…、自分が、そんなことするとは、夢にも思わず。
人は、追い詰められると、壊れるんですね。

だから、ブログ内容は、自分の経験ばかりで、
社会の出来事や他人の事など、第三者の内容は、書けません。
だって、私は、人や社会の批判ができるほど、立派じゃないですから。

若い頃、不道徳が嫌いで偉そうなことを言っていた自分が恥ずかしいです。
人生、いつ転ぶか分からない。
そんな経験をしたので、何事も『明日は、わが身。』という気持ちで捉えようと思うようになりました。





[PR]
by wakana-2015 | 2016-11-01 09:00 | 心理

期待しない期待

変な表現のタイトルだけど、
人間関係を円滑にするには『期待しない。』こと。
でも、人間ですもの、期待するな。と言っても期待しちゃう。

だから、私は、押付けの期待は、しないけれど、
「こうなったら良いな。」という緩~い期待をする。
故に「期待しない期待」という変な表現なのです。

期待に依存し過ぎると苦しいし、
期待している相手にも多大な圧力がかかります。
結果、お互いが不幸になってしまう。

だから、期待し過ぎない緩~い期待する自分を許し、
期待通りにならないことに、一々落ち込まない。

だって、自分の感情でさえ、自分でコントロールできないことがあるのに、
他人をどうにかしようなんて、できる訳が無い。

人間関係にも未来にも、緩~い期待をしながら、
自分のできることをする。
自分には、それしかできないもの。


[PR]
by wakana-2015 | 2016-10-31 10:10 | 心理

自分が変わると・・・

若い頃、年配者から何度も聞かされた。
『自分が変われば、環境が変わる。人間関係も変わる。』と。

ほんとぉ~かぁ~?!039.gif
そんな、うまい話があるわけないじゃん。

と、疑いつつも挑戦したい自分がいた。
だって、挑戦しなくちゃ、本当か嘘か、わからないもんね。

それで、哲学、歴史、人物史、物理など、理解できる範囲の本を毎日読んだ。
それまで、殆ど本など読まかった私だったけど、その時の勢いは、凄かった。

本を読むと、自分に対して疑問が湧いたり、社会に対して疑問が湧いたり、
それまでの考えが改まったり・・・。
頭の中の不要な物が削られていくのを感じた。

そして、他人への考え方、社会に対する姿勢が変化。
それまで拘っていたことを手放し、頭の中が解放され、
とっても楽ぅ~になっていくのを感じた。

すると、年配者が言った通りになっていた。
あの言葉は、本当だったんだ!!005.gif

8年ほどの時間がかかったけれど、人間関係、環境がガラリと変化。
まさに、物理の法則そのものです。


[PR]
by wakana-2015 | 2016-10-30 09:00 | 心理

責めない

生きていると、他人の評価に翻弄される。

日々、私達は、他人の目に晒されて生きていて、

息苦しさを感じる事もある。

だから、自分が自分を責めて、追い込んだり、

苦しめたりするのは、やめておこう。

ただでさえ、周囲から色々言われるのだから。


[PR]
by wakana-2015 | 2016-10-29 11:58 | 心理

もっと、わがままに。

「自分は、わがままじゃないか・・・。」と心配している人ほど、
わがままではない。というケースが多い。
それは、自分の一挙手一投足を一々気にしているから。

そんな人が我がままになれるはずがない。
それよりも他人の目を気にしていることの方が多い。

だから、「自分は、わがままじゃないか・・・。」と心配せず、
素直になったほうが良い。045.gif


[PR]
by wakana-2015 | 2016-10-28 08:00 | 心理

心の声、聴いていますか?

人は、常に心で呟いているもの。
それは、日常の自然なこと。

自然なことだから、ついつい通り過ぎてしまう。
でも、その呟きが幸せの元になる。

その呟きに耳を傾け、じっくり聴き、「なぜ?」と、問いかける。
出てくる答えに、「どうして?」と、更に問いかける。
そうやって、どんどん問いかけていくと、
私、本当は、こうしたかったんだ!
私、本当は、こうして欲しかったんだ!
私、本当は、これが好きで、あれが嫌いだったんだ!
…と、色々明らかになる。

明らかになった自分を否定せず、
素直に生きると、満ち足りた人生になる。


[PR]
by wakana-2015 | 2016-10-26 09:00 | 心理

若いから、何だ!年だから、何だ!

10代、20代の頃、周囲の大人に言われた。
「若いと経験浅いから、ダメダメ。経験ないのに口先だけなんだ、若い奴は。」

50代になると、
「年を取ると、頭が固くなって、柔軟性なくなるからね。時代は、若い人を求めている。」

おいおい、何歳だったら良いんだよ021.gif

若いから経験ないのは、当たり前。
経験させてくれなくちゃ、成長できんでしょ~。

50代になったら、脳が衰えて当たり前。
でも、積み重ねた知識や経験が活かせるでしょ~。

この世界は、偏見だらけ。
若いから、年だからって、決めつけて、変化の芽を摘む。

だから、そんな言葉にへこたれず、自分は、自分の道を行く。


[PR]
by wakana-2015 | 2016-10-24 09:00 | 心理

嫌いな人は、やっぱり、嫌い。

社会生活をしていれば、会わない訳には、いかない人。
それは、自分と合わない人、嫌いな人。

私、日によって機嫌が良かったり、悪かったりする人が苦手。
それと、ネチネチしつこい人、怒鳴る人、直ぐ怒る人が嫌い。

他人に対して、どうして機嫌悪い顔や態度ができるのか。
他人に対して、どうして怒鳴って怒れるのか。
一度言えば分かるのに、どうしてネチネチとしつこいのか。

他人なんだから気を遣えよ。
ったく、そういう奴、嫌い。常識ってのがあるだろ!・・・と思っていた。
けど、それは、私の常識の押付け。

人間だもの、気分の悪い日もあるわな。
人の性格は、様々で、怒鳴らないと怒れない人もいるわな。
ただ、私がそういう性格じゃないだけ。

以前は、そんな人達を受け入れられず、嫌い!と、切り捨て、
心の中で不満ばかり言っていた私。
けど、行動を司る『脳』が、そういう反応する人なのだ。
と、受取るようになったら、案外、気にならなくなった。
だって、しょうがないじゃん。
脳が反応しちゃうんだから。

けど、嫌いなのは、変わらない。
人は、生まれつき『快・不快』を感じる機能を持っているからね。
本能まで抑圧する必要ないもの。
そこは、自由に感じたままで良い。

ただし、人は、自身の『脳の反応』を自分が受け止めて、
怒りを鎮めたり、行動や表現方法を変えたりすることで、
人間関係や運・不運までも変えることができる。
心と、身体と、この世界は、リンクしているからね。


[PR]
by wakana-2015 | 2016-10-23 09:00 | 心理

全てを疑ってみる

信じていたものを『疑う』。

そして、何故、それを「そうだ。」と信じたのか?を自分に問う。

すると、誰かの言葉を鵜呑みにしていたり、

多数派の言葉をそのまんま受け取っていたり。

意外と自分が精査して信じていなかったことを知る。

だから、何事も先ずは「本当に、そうなのか?」と、

疑ってみるのは、大事なことだ。


[PR]
by wakana-2015 | 2016-10-22 16:09 | 心理