2017年 05月 07日 ( 1 )

恋愛上手は…、

表題の続きは・・・。
『恋愛上手は、聞き上手』です。

これは、恋愛に限らず、人間関係、子育て等、殆どに言えること。
人は、人によって満たされ、幸せを感じたり、不幸を感じたりします。
人間関係で傷ついて、人を避けるようになっても、本能は、人を求めます。

感情(恋愛や夫婦、親子等)を伴う人間関係には、その本能が強く現れます。
何故なら、幸せを満たそうと強い欲求が出るから。

若い頃、私は、自分の幸せを満たそうと必死でした。
当時、私にとっての幸せは、『好きな人と一緒に居ること』。
それが優先順位のトップだったから、辛い事にも耐えられた。
けど、男尊女卑的な扱いに気付いてしまって、
耐えることに限界が生じてしまいました。

おっと、話を本題の「恋愛上手は聞き上手」に戻して。
恋愛上手になるには、相手の話を徹底的に聞くこと。
特に大切なのは、否定しないこと。
共感、同感する部分には、肯定的な反応をし、
共感できない部分には、「そうなんだ。」と、
肯定、否定のどちらとも取れない反応をする。

すると、不思議なもので、人は、どんどん話したくなります。
話を聞けば聞くほど、相手が見えてくる。
相手が見えてくれば、自分の性格とすり合せ、
自分と合うか否かが分かってきます。

実は、聞き上手というのは、
相手にとって理解を示す良い人になることじゃないんです。
相手から多くの情報を引き出して、
良い関係を維持できる人か否かを見極めるスキルなんです。
なので、恋愛上手は、自分と合う人を探す能力を持つことでもある訳です。

ただ、先ほど私の経験を書いたように、
人には、優先順位があります。
その優先順位は、経験で変化するので、
後になって、選択を間違えた。ともなりかねない。
だから、感情優先にならず、客観的視点で自分を観察し、
自分を知ることが大切なんですね。

これをもっと早く理解していれば、
あんな苦労はしなかったのになぁ141.png。。。と思うのですが、
それがあったから、今があるとも言えるのよね。105.png


麻生 若那

[PR]
by wakana-2015 | 2017-05-07 10:26 | 心理