人は、誰でも嘘をつく。

この世界に、嘘をつかない人なんて、いるんだろうか?

そんな疑問を持つのは、自分が嘘をついたことがあるからだけど…105.png

若い頃、自分の気持ちに嘘をついて、やりたくない事をしていた。

頼まれると、断れずに引き受けて、大変な思いをする。

そんな繰り返しをしている内に、自分に嘘をついて生きる事が嫌になった。

自分に正直に生きたい。
嫌なことは、断りたい。
やりたくない事を無理してやりたくない。

悩んだ末に思ったのが「人間には、選択の自由がある。」ということ。

私は、選択の自由を放棄していたんだ。と思った。

勿論、責任をもってやらなければならないこともあるけれど、全てではない。

私達は、公序良俗に違反しない範囲で取捨選択の自由の権利がある。

自分に嘘をつかない生き方がしたい。

その為には、他人に頼まれた事を断ったり、関係を切ったりすることも生じる。

以前は、そんなことをする自分に罪悪感があった。

でも、相手に悪いからと、自分を偽り続けるのは、自分にも相手にも誠実じゃない。と思うようになった。

これからは、自分を偽らないで生きたい。

「自分を偽らない。」という基準ができたら、取捨選択が楽にできるようになり、罪悪感も持たなくなった。

嘘にも色々あるけれど、自分に嘘をつくことが、若い頃は、一番多かった。

今は、自分に正直すぎるかも。111.png


麻生 若那

[PR]
by wakana-2015 | 2017-05-23 10:18 | 心理
<< 心の一方通行 上手くいかない時もある >>