全てを疑ってみる

信じていたものを『疑う』。

そして、何故、それを「そうだ。」と信じたのか?を自分に問う。

すると、誰かの言葉を鵜呑みにしていたり、

多数派の言葉をそのまんま受け取っていたり。

意外と自分が精査して信じていなかったことを知る。

だから、何事も先ずは「本当に、そうなのか?」と、

疑ってみるのは、大事なことだ。


[PR]
by wakana-2015 | 2016-10-22 16:09 | 心理
<< 嫌いな人は、やっぱり、嫌い。 偶然か、必然か。 >>