恨みが感謝に変わる?!

30歳で離婚してから23年が過ぎました。
離婚したての頃は、相手や相手の家族に恨みが募っていて、
気持ちの整理が中々つきませんでした。

過去の辛い事、嫌な事を思い出しては、
こんなことされた、あんなこと言われた。等と、不満タラタラ136.png
再婚した夫からは、「人を呪わば、穴二つ。だよ。」と、
度々諭されたものです。105.png
その度に、「こんな自分が良くない事は、分かっている。
でも、言わずにいられない私の気持ちを理解して欲しい。」
と、訴えていました。
以前のブログにも書いたように、
夫は、経験無いことは分からないが、
相手の気持ちを理解しようとしてくれるし、
一般常識で人をジャッジしない性格。
その性格のお陰で、私は、心を解放できました。

とはいえ、中々恨みが解消できない自分に、
恨みを解消できる日が来るのだろうか…?
という不安もありました。

でも、その不安は、解消されるものなのですね。
ある日、『今の自分があるのは、過去の辛い経験があったからだ。
最初の結婚では、泣いてばかりの日々だったけれど、
寂しさが、高校、大学へと進学する力になった。
離婚後は、負けたくないという思いから、
専門学校、国家資格取得への更なる努力の力になった。
過去の辛い経験から、自分の人生を自分で創る力をもらった。』

今の自分があるのは、全て過去の辛い経験の賜物。
そして、再婚した夫の理解があったから、
仕事をしながら勉強を続けられた。
今は、恨みより、感謝の気持ちが湧いてくるようになりました。

離婚して数年は、このような変化があるとは、想像もできず…。
自分を責めることもありました。

過去の経験は、消えないけれど、
捉え方が変わり、恨みが感謝になることもあるのですね。


麻生 若那

[PR]
# by wakana-2015 | 2017-06-25 12:15 | 心理